So-net無料ブログ作成

「グラン・トリノ」は、男のけじめのつけ方を教わった気分や。 [つっこみ映画評]

もう1本、正月に映画を観た。ゆーてもDVDでやけど。

この映画、アメリカの中でも経済的に最も疲弊してる中西部デトロイト近郊の町が舞台や。この辺りは自動車工業のメッカやったんやが、GM、クライスラー、フォードのビッグ3のクルマが売れんよーになって、工場が次々に閉鎖されて、白人がおらんよーになった住宅街に後から入り込んできたのがアジア系の亡命者たちやったゆー設定や。モン族ゆーて、ベトナム戦争の頃に米軍に協力したんで、戦争が終わった後にベトナム政府から迫害を受けてアメリカに亡命してきたらしい。フォードの元工員やった朝鮮戦争帰還兵のじいさんは奥さんを亡くしたばっかりなんやが、そのじいさんと隣家に引っ越してきたモン族の青年とその姉との交流を描いてるんやが、じいさんにも政治的亡命してきたモン族にもそれなりの事情がてんこ盛りなんで、観てる方もかなり重苦しい気分になってくる。

アメリカの人種差別もまだまだけいっぱいあるようーや。南部は特にひどいらしいが、中西部も決して人種差別がないわけではない。ま、ニューヨークは別格のよーや。世界中からあらゆる人種が集まってる人種のるつぼやから、いちいち人種差別やってたら生活できんからやろ。それにしても、クリント・イーストウッドは、この映画でもダーティー・ハリーばりの強面やった。その強面ぶりがラストの伏線やったんやが・・・。 ま、男のけじめのつけ方を教わった気分や。

ガソリンをばらまきながら走るアメ車は、過去の遺物とゆーてもええんやろが、早い、でかい、クルマが威張ってた時代から、そこそこ早いし、燃費もまあまあのエコカー全盛の時代になって、アメ車は出る幕がなくなってしもた。さすがのアメリカ人も昔風の恐竜クルマには見向きもせんよーになったゆーことや。しかし、アメリカゆーたらマーケティング理論の本場なんやから、もっと早いこと、世間の人が乗りたがるクルマ像をキャッチして新車開発しててもよかったはずなんやが、アメリカ国内で生産できんかっても、アメリカ資本で海外に工場作って、逆輸入するなりできたと思うのに、なんでそうはならんかったんやろ?

グラン・トリノというクルマは乗ったことも見たこともなかったが、同じフォードのマーキュリー・クーガーゆークルマには、10代のガキの頃によー乗せてもろてた。ゆーても、おっちゃんちが金持ちやったんとちゃう。友達が金持ちのドラ息子で、そいつの運転でおっちゃんらは遊び回ってたんや。ほんまバカ造やった。このクルマはどでかい図体なんやが、2ドアで後部座席はめちゃ狭かった。当時はまだ珍しかったオートマ・パワステ・パワーウインドウ・エアコン・8トラックのカーステレオと豪華絢爛のフル・スペックやった。青春時代のほろ苦い思い出の1シーンでしかないけど・・・。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。