So-net無料ブログ作成

[パッチギ!!」は、批評すんの難しいな。 [つっこみ映画評]

この映画、批評すんの難しいな。おっちゃんが 多感な若かりし頃の映画や。ゆーても、この映画みたいな派手な喧嘩したことないけど・・・。京都の九条と大阪の南区(今はもーないけど)では事情も環境もちゃうやろけど・・・。しかし、確かサンケイホールやったと思うけど、フォーククレセダースのラストコンサートには行った。あの300枚限定やった(?)自費出版レコードも、友達のニーちゃんが持ってたんで聴いたことがある。しかし、あの頃のことはあんまり思い出したないな。「僕は二十歳だった。これが人生の最も美しい年齢などと誰にも言わせない」ゆーたんは、「アデン・アラビア」のポール・ニザンやけど、おっちゃんにとっては18の頃の方が、美しなかった。その後の人生が美しいかゆーたら、美しいことないけど。しかし、あの頃のことをまざまざと思い出させる映画かとゆーと、そーでもない。何せあまりにも別次元の世界や。大阪のおっちゃんのまわりではけっこー仲良ーしてたんちゃうやろか?高校には、在日中国人(とは言わんな、華僑やな)とか、在日朝鮮人(か韓国人か分らんかった)とか、ケッコーおったんやけど、わりかし仲良かったし、ええ奴やった。同級生にひとり、めちゃ腕っ節の強い奴がおって、おっちゃんとはケッコー仲よかったんやけど、ある時、そいつが急にぶち切れ、学校のトイレでけんかが始まって、傍観者やったおっちゃんには、何が原因やったんかも分からんかったんやけど、それが人間の暴力が持つ吐き気がするような気持ち悪さを目の当たりにした最初やった。彼の国の女子と深い仲になったこともなかったから、「結婚したら朝鮮人になれるか?」みたいなややこしいこともなかった。とゆーか、南北の問題やとか、強制連行やとか、民族差別やとかを腹割って話す機会があんまりなかった。知らんぷりを装ってただけなんかも知れん。ただ、鶴橋の国際マーケットには足踏み入れられんかったな。あそこはよその国やった。最近はキムチ買いに行ったりするけど。井筒監督もこの映画で描けることと描けんことの境界線見極めるのん難しかったやろと思う。やんちゃなガキ同士のけんかに限定せんと、もっと差別問題とかに踏み込んだら、やっぱ、まずいわな。そこで、沢尻エリカちゃんやけど、かいらしいのは確かやけど、それだけやな。チョン・ガンジャ役の真木よう子ちゃんの方がよかった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。