So-net無料ブログ作成
検索選択

「ストレイト・ストーリー」は、じいさんの心意気にカンドーした。 [つっこみ映画評]

この映画は、73歳のアルヴィンじいさんの虚仮の一念ゆーたら失礼やけど、誰もが無謀と思う大冒険旅行に出かける心意気に感動してしもた。アバウト・シュミットのジャック・ニコルソンは、キャンピングカーで出かけてたが、このじいさんは、おんぼろの芝刈り用トラクターに手作りのトレーラーをつけて500キロの長旅に出発したんやが、そもそも芝刈り用のトラクターで公道走ってもええんやろか?しかもトレーラーまで牽引してるやん。しかし、そーゆー初歩的な疑問は置いといて、ここは前進あるのみや。また、この映画、ワルが一人も出てこん。アメリカ人の懐の深さがよー出てた。自転車レースの一団が通り過ぎていったけど、どーみても草レースっぽかった。リカンベントもケッコー走ってたな。おっちゃん、今朝自転車でこけて、今も左手が痛いので右手だけで打ってる。アメリカは自転車乗りにとってはエエ国らしい。日本は数は多いけど、ほとんどがママチャリなんで、スポーツバイク人口はまだまだ少ない。とゆーことは、スポーツとして自転車で走れる道も少ない。今朝こけたんも、淀川右岸の河川敷なんやが、そこらじゅうに原付やバイクのアホが入り込んでこんよーに輪止めが設置した〜る。その上、道路に人工的にデコボコまで作ったった。そのデコでおっちゃんこけてしもたんや。そこそこスピード出てたんで、左膝、左手、左肘、左肩、左頬に打撲傷を負った。大怪我や。話が横道にそれてしもた。じいさんは前進あるのみや。リチャード・ファーンズワースは、かっこええじいさん役者やった。じいさん役者の日本代表は笠智衆やろけど、おっちゃんは、どっちかゆーたらリチャード・ファーンズワース系のじいさんになりたいな。笠智衆ではちょっと枯れすぎや。とゆーても、自転車で日本一周しよとは思わんけど・・・。ロードムービーは、東海道中膝栗毛なんやから、次々おもろい場面が出てきてハプニングが相次がなアカン。この映画でも、一見淡々としたストーリーに見せながら、いろんなエピソードを塩梅よー挿入したった。おっちゃんが一番感動したんは、[ネタバレ注意]10年ぶりに再会した兄貴と抱き合わんかったことや。ここのデビッド・リンチの演出は実に日本的やった。それと、実に携帯のない時代の映画やった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。