So-net無料ブログ作成
検索選択

『キス・オブ・ザ・ドラゴン』は、『ニキータ』より強く、『レオン』より切ない、ゆーフレコミやったが。。。 [つっこみ映画評]

キス・オブ・ザ・ドラゴン kiss of the Dragon (2001) アメリカ 
監督:クリス・ナオン
出演:主演:ジェット・リー、ブリジット・フォンダ、チェッキー・カリョ

ニキータ』より強く、『レオン』より切ない、ゆーフレコミやったが、それほどでもなかった。ジェット・リーゆー役者はかなり地味やけど、カンフーのキレは抜群やな。こーゆータイプは、教室ではあんまり目立たんけど、柔道の校内大会のときだけは、ちっこい体ででっかい奴をぼんぼんぶん投げて、強すぎて目立ちまくるゆー感じや。しかし、女子にはそんなにもてへん。なんとなく暗い感じがアカンのやろ。おっちゃんなんかも、若かりし頃は女子にもてんかったが、別に暗かったワケやない、ただ単にシャイなせいと女好きのせん容貌やっただけや。いまだに「渡世人には女はいらねぇ」の毎日やけど。。。

何の話やったっけ?しかし、なんでフランスの話やのに、英語喋ってるねんゆー不自然さがついてまわったな。ま、ジェット・リーが中国語と英語しか喋れんゆーのが裏事情やったとしても、フランス警察の刑事やら街のチンピラまでが流暢な英語喋りまくるゆーのんはどーしたもんか。『ラストサムライ』で当時の侍が英語ぺらぺらやゆーのんと同じや。

相手役のブリジット・フォンダは、アメリカ生まれの田舎もんゆー設定やったから、この二人の間では英語で意志が通じるゆーのはエエとして、ここは、『ターミナル』のトム・ハンクスみたいに、ジェットはんにまず言葉の障壁を乗り越え留努力をしてもらわなアカンのんちゃうか?そーゆー視点がまったく入ってないのんが物足りんと感じたんは、果たしておっちゃん一人やろか?

あの悪の権化みたいな警察官は、もっとフラン人ならではの底意地の悪〜い悪知恵働かさなアカンがな。部下を怒鳴り散らしてるばっかで、いっこも悪賢そーに見えんかった。あのおっさん、陸亀を引き出しで飼うとったが、あの亀ももーちょいうまいこと小道具として絡ませな、なんでここで亀やねん?の疑問がおっちゃんの脳裏に浮かんだがな。

こーゆー映画は、あんまりややこしこと言わんと、アクションシーンだけ鑑賞してたらエエのんかもしれんが、そもそも、なんであの中国人の麻薬のボスを中国から来た警官が殺したことにしたかったんや?フランス警察が女殺し屋使うて殺したことがバレたら、両国の友好関係にヒビが入るんか?中国の麻薬王がフランスになんの用があったんや?あの警察官のおっさんの部下ゆーか手下たちは、警官なんかそれともヤクザか?あの警察の空手道場のシーンで、空手の黒帯がそれにしてもぎょうさん出てきたけど、たった一人にやられるようでは有段者ちゃうやろ。しかも、やられてすぐ起きあがって来んなよ。

この映画はパリが舞台やから、一応観光名所も出てくる。特にセーヌ川のバトームーシュの中でのアクションシーンは、物珍しさも手伝っておもろい見せ物やった。ただ、この映画の直後に観たゴダールの『はなればなれに』では、なんとルーブルの中を男女3人が走りまわっとった。しかし、まあ、ルーブルの中でアクションシーン撮ってて、ミロのビーナス引き倒したり、跳び蹴りでモナリザぶち抜いたり(モナリザはんは防弾ガラスで仕切られとったな)したら、それこそ、国際問題やろ。

この映画ではワイヤーアクションは使うてなかったけど、おっちゃんとしたら、エッフェッル塔や凱旋門でワイヤーアクションやってくれた方がよかったよーな気もする。パリのチャイナタウンゆーのんは聞いたことがないけど、あるんかいな?パリの場末にある中華料理用エビせんの専門店ゆーのんも、ビックリ仰天や。そんな店絶対にないやろ。。。

◆◆ネタバレ注意◆◆「キス・オブ・ザ・ドラゴン」ゆータイトルだけ見たら、誰でもブルース・リーの『燃えよドラゴン』連想するんちゃうやろか。「キス・オブ・ザ・ドラゴン」ゆーたら「龍の口づけ」や。龍はやたらでかい(?)し、口くさそーやから、口づけどころかひと呑みにされてしまいそーやないか。こら、そーとー恐い武術の名前みたいや。ところが、どっこい「キス・オブ・ザ・ドラゴン」は鍼治療の名前やゆーのは笑えたけど、あのシーンは必殺仕掛人の藤枝梅安のパクリみたいや。同じ必殺の鍼治療やるんやったら、『マスク』みたいにCG使いまくって、目玉が3mくらい飛び出すとか、頭が爆発するとか、目ェや耳から滝の如く血ィが噴き出すとかして欲しかったな。最大の見せ場なんやが『レオン』の爆発シーンみたいな意外性とかスカッとするカタルシスがなかったんや。◆解除◆

ブリジット・フォンダが、ピーター・フォンダの娘で、ジェーンフォンダの姪で、ヘンリーフォンダの孫やゆーのは知ってたけど、この女優の出演作を観たんはこれが初めてやった。化粧落とすと結構普通の人っぽかったな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。